会社案内

ホーム > 会社案内(ご挨拶)

ご挨拶

“ALL SECOM”で「社会システム産業」の構築を加速させ、
社会やお客様の高い期待に応えてまいります

 1962年、セコムは日本で初めて「セキュリティサービス」という産業を創出しました。それ以来、常に時代の変化をとらえて、あるいは先んじて多様なニーズに応えるサービスやシステムを開発し、新たなニーズの創出とその普及に邁進することで発展してきました。

 セコムグループは、いつでも、どこでも、誰もが「安全・安心・快適・便利」に暮らせるサービスやシステムを創造し、それらを統合・融合して社会の新しいシステムとして提供する「社会システム産業」の構築を目指しています。現在、セキュリティサービス、防災、メディカルサービス、保険、地理情報サービス、情報通信、不動産の事業領域に加え、海外20の国と地域にも展開し、“ALL SECOM”(セコムグループ総力の集結)による新たなサービスの創出を推進するとともに、社会のあらゆるお困りごとや日常の不安に対して、切れ目のないあんしんを提供することで、社会とのつながりをより強め、社会とともに持続的に成長していこうとしています。

 当社は1967年に新潟市で設立され、1969年には群馬県・長野県へ展開して以来、新潟・群馬・長野の上信越3県を事業エリアとして、“「正しい仕事」「良い仕事」を通じて社会に貢献する”という理念のもと、地域に根ざした「安全・安心」を提供してまいりました。

 これからも、上信越エリアにおけるセキュリティの先駆者としての誇りを持ち、比類のない高品質なサービスを提供し続けることでお客様により一層の「安全・安心」を実感いただくとともに、セコムグループの一員として “ALL SECOM” (セコムグループの総力の結集)を通じて、より「安全・安心・快適・便利」な社会を構築する“社会システム産業”の実現をめざしてまいります。

 今後とも、より一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

セコム上信越株式会社 代表取締役会長 野沢 慎吾、代表取締役社長 竹田 正弘 セコムステッカーを模した彫金は、当社の創立50周年を記念して、鎚起(ついき)銅器製作の玉川堂様(新潟県燕市)に製作していただきました。